忍者ブログ
講談社やら集英社やらのライトノベル作家みみとミミの物書きブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

819 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 01:19:58.18 ID:gTWkBmHN0

三年経った。
サクラがしゃべりはじめて三年だ。
大学一年の春は今や昔。就職活動を控えた初夏――陽射しがじりじりと肌を焼き始める季節になっていた。 

 821
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 01:20:37.02 ID:gTWkBmHN0

     ∧∧
    (,,゚ー゚)<おかえり、主人
  ~(___ノ
              ∧∧    
             (゚Д゚ .)<ただいまー
            ⊂しーJ⊃

825 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 01:23:31.67 ID:gTWkBmHN0

最近は大学によく顔を出す。
卒業研究もあるが、研究室からの就職も視野に入ってきているからだ。
それを茶化して、引きこもりが直ったな、とサクラはいうようになった。

826 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 01:25:21.88 ID:gTWkBmHN0

苦笑いで受け止めて、ああ大学は大変だ大変だ、とこれまた冗談めかして返す。
それを聞いて、サクラはニヤリとひとめかしい不敵な笑みを口元に携える。
日課に加わったちょっとした出来事だ。

 

827 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 01:25:59.52 ID:gTWkBmHN0

     ∧∧
    (,,゚ー゚)<今日は遅かったな
  ~(___ノ
              ∧∧    
             (゚Д゚ .)<あー、日程が合わなくて話し合いが長引いた
            ⊂しーJ⊃

 

828 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 01:26:22.58 ID:gTWkBmHN0

     ∧∧
    (,,゚ー゚)<日程?
  ~(___ノ
              ∧∧    
             (゚Д゚ .)<研究室の連中と飲み会に行くことになってな
            ⊂しーJ⊃

 

829 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 01:26:37.26 ID:gTWkBmHN0

     ∧∧
    (,,゚ー゚)<またか……
  ~(___ノ
              ∧∧    
             (゚Д゚ .)<すまんすまん
            ⊂しーJ⊃

 

830 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 01:27:41.84 ID:gTWkBmHN0

サクラが渋い顔をするのもうなづける。
ここのところ本当に飲み会が多い。
付き合いとはいえさすがに疲れてくるというもの。 

832 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 01:29:01.82 ID:gTWkBmHN0

そろそろリフレッシュをしたいが、あいにくと夏季休暇は就職活動最前線に配属が決まっている。
ろくな休みになりはしないだろう。
まあだからこそ――

 

833 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 01:29:35.88 ID:gTWkBmHN0

     ∧∧
    (,,゚ー゚)<主人、今日はモンぷちなのか!
  ~(___ノ
              ∧∧    
             (゚Д゚ .)<おー、ちょっと待たせたからな。食え食え
            ⊂しーJ⊃

 

834 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 01:30:01.88 ID:gTWkBmHN0

     ∧∧
    (,,゚ー゚)<ではいただきまーす
  ~(___ノ
              ∧∧    
             (゚Д゚ .)<めしあがれ
            ⊂しーJ⊃

 

835 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 01:30:47.61 ID:gTWkBmHN0

     ∧∧
    (,,゚ー゚)<ん~……『ハイグレードモンスターぷちっとな』の味は格別だ……
  ~(___ノ
              ∧∧    
             (゚Д゚ .)<身震いするほどかよ
            ⊂しーJ⊃

 

836 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 01:31:11.40 ID:gTWkBmHN0

     ∧∧
    (,,゚ー゚)<主人も口にすればわかる。ほれ
  ~(___ノ
              ∧∧    
             (゚Д゚ .)<いやいらんから
            ⊂しーJ⊃

838 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 01:33:15.84 ID:gTWkBmHN0

――こういう、サクラとの他愛もない会話にとても癒されている。
モンぷちを開けたのは、遅れて悪いと思ったのが半分。
残り半分の理由は、サクラの喜ぶ姿を見て自分も笑いたいと思ったからだ。

841 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 01:34:36.68 ID:gTWkBmHN0

     ∧∧
    (,,゚ー゚)<ふぁあ……
  ~(___ノ
              ∧∧    
             (゚Д゚ .)<眠いのか?
            ⊂しーJ⊃ 

844 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 01:35:22.40 ID:gTWkBmHN0

     ∧∧
    (,,゚ー゚)<猫はよく寝るもの。『寝子』と書いて『ねこ』としたという説さえあるくらいだぞ
  ~(___ノ
              ∧∧    
             (゚Д゚ .)<へえ
            ⊂しーJ⊃

 

845 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 01:36:01.42 ID:gTWkBmHN0

     ∧∧
    (,,゚ー゚)<しかし、今日はちょっと待ち疲れた……すまないが主人、先に寝る
  ~(___ノ
              ∧∧    
             (゚Д゚ .)<ああ、おやすみな
            ⊂しーJ⊃ 

848 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 01:38:09.83 ID:gTWkBmHN0

そういって、サクラは自分の毛布にもぐりこんだ。
サクラの体の大きさに見合わせて用意したはず木箱が、少し窮屈に見えた。
成長してるんだな、とそう思った。

851 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 01:41:09.76 ID:gTWkBmHN0

サクラはいまだに大した力もなく、ただのしゃべる猫として我が家にいる。
もう成猫だろうか、歳はそれなりになったと思うのだが……猫又の年齢観はわからない。
まあ、子猫のころと変わらずかわいらしい。それで十分だと俺は思う。

852 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 01:41:47.61 ID:gTWkBmHN0

     ∧∧
    (,,゚ー゚)<zzz……
  ~(___ノ
              ∧∧    
             (゚Д゚ .)<俺も寝るよ。おやすみ、サクラ……
            ⊂しーJ⊃

 

853 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 01:42:57.25 ID:gTWkBmHN0


「土曜ですか?」
俺は聞き返した。

855 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 01:44:27.42 ID:gTWkBmHN0

「ああそうだ、長根君。飲み会は土曜で決まったらしいぞ」
土井垣教授はひとのよさそうな笑顔で顔のしわを緩ませてうなづいた。
研究室の工作機がごうん、とはねた。
「うーん……土曜か……」

856 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 01:45:46.57 ID:gTWkBmHN0

「何かあるのかね、長根君?」
と、心配げに土井垣教授はたずねてきた。
「ああいえ、個人的な都合なので……」

 

857 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 01:46:32.57 ID:gTWkBmHN0

「そうか、都合が重なってしまったのか……」
「ええ、そうなんです」
だから、今回だけは断らせてください、とそう続けるつもりだった。

859 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 01:48:41.27 ID:gTWkBmHN0

「でも、今回は百合君の誕生日と研究所内定祝いも兼ねてるからねぇ。できればみんなに来てほしい、と彼女から頼まれてしまってるんだよ」
「え、百合さん、内定決まったんですか?」
「うん、うちの大学の関連施設だ。この時期に決まるとは運もいいね、彼女は」

 

860 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 01:49:45.35 ID:gTWkBmHN0

誕生日は知っていたのだが、それも重なるとは……
「だからまあ、長根君。悪いが――来てくれんかね?」
「……善処してみます」

 

861 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 01:50:43.17 ID:gTWkBmHN0

結論はわかってるけれども、自分への言い訳と併用されたちょっとした反抗。
そうやって、答えを濁すのがやっとだった。

 

862 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 01:51:55.89 ID:gTWkBmHN0


奇天烈な元気物質がうどんをすする俺の背中を強襲した。
「なっがねー!」
「うげふっ!」 

864 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 01:53:40.43 ID:gTWkBmHN0

危うく鼻から噴出するところだった麺類を嚥下しつつ、その迷惑人間をにらむ。
「百合さん……」
「もー、硬いなぁ長根君はぁ。ゆーりんとでもまっちーとでも呼べっていってるじゃん」

 

865 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 01:55:21.36 ID:gTWkBmHN0

百合さんはそういうともう二回ほど背中への打撃を与えた後、横の席に陣取った。
「百合さんはカレーうどんですか」
「おーよ。カレーは日本の文化のきわみだよー!」

 

866 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 01:56:38.37 ID:gTWkBmHN0

白衣を羽織っているとはいえ着ているものは素人目にもそんな安っぽいものには見えない。
だが、百合さんはハシでむんずとうどんをつまむと――
ずぞぞっ

 

867 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 01:57:17.92 ID:gTWkBmHN0

と、勢いよくすすってみせる。
「なんてかまあ……豪快ですねぇ。相変わらず」
「はっは、それがあたしの唯一のとりえだからねぇ!」 

869 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 01:58:45.61 ID:gTWkBmHN0

唯一?
刻み方が甘かったのかびろんと長く伸びたネギを口にくわえながら、俺は声には出さない疑問符を浮かべた。
百合さんのとりえがひとつってことはないだろう。

 

870 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 02:00:30.91 ID:gTWkBmHN0

特待生入学から三年間、首席の座を渡したことは一度もない。
かといって勉強バカということもなく、ユーモアに富んだ気さくな人間で。
そればかりか麗しき美貌に整ったスタイル……十分すぎるくらいできすぎたひとだ。

 

871 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 02:03:52.49 ID:gTWkBmHN0

四方八方に友人がいる彼女は、当然のように俺にも話しかけてくる。
自分を卑下するわけではないが、まあ、俺は並だ。勉強も容姿も特技もぬきんでたものは何もない。彼女の交友範囲の広さを示す指標のひとつでしかないのだ。
だが、だからといって彼女が単なる八方美人かというとそんなこともない。 

873 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 02:06:00.76 ID:gTWkBmHN0

かかわる人間はみんなきちんと趣味も特技も覚えて付き合うし、とてもおまけで話しているとは思えない。
そういう彼女のひととしての出来のよさに、惹かれもするがまた恐れもする。
人間ってやつは想像の及ばないレベルの相手にほれ込むのがなかなか難しいようだ。

 

874 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 02:07:17.86 ID:gTWkBmHN0

「で、さ。次の飲み会、来てくれる?」
ちゅるん、とうまそうにすすり、百合さんは話題を振ってきた。
「ま、時間が調整できればということで、善処いたしますよ」

876 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 02:09:28.38 ID:gTWkBmHN0

肩をすくめておどけて応える。
「ひどいなもう、長根君。政治家みたいになっちゃうよぉ~」
「日程の調整を行うことで土井垣教授とはおおむね合意に達したと考えておりますゆえ」

 

877 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 02:10:57.06 ID:gTWkBmHN0

あはは、と彼女は軽く笑った。
「うん、じゃあできるだけ来てほしいな。あっ――そうだ、いいたいことがあるの。だから、来て。ねっ?」
そりゃまた断りにくい。

878 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 02:12:03.99 ID:gTWkBmHN0

外堀を埋められてしまってはまあ仕方がない。
仕方がないだろう。うん、仕方がない。
「わかりました。じゃ、行きますよ」

 

880 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 02:13:05.66 ID:gTWkBmHN0

ごめんな、サクラ。
「でも、都合があるんで、早めに抜けることになると思います。それだけはご勘弁を」
後に付け足した言葉で、どうにか取り繕おうと思った。

 

882 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 02:14:16.83 ID:gTWkBmHN0


     ∧∧
    (,,゚ー゚)<もうすぐ土曜だな
  ~(___ノ
              ∧∧    
             (゚Д゚ .)<そうだなー
            ⊂しーJ⊃

 

883 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 02:15:00.27 ID:gTWkBmHN0

     ∧∧
    (,,゚ー゚)<あさってか……ふふふ、待ち遠しいな
  ~(___ノ
              ∧∧    
             (゚Д゚ .)<へぇ、楽しみにしてたのか?
            ⊂しーJ⊃

 

885 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 02:16:01.41 ID:gTWkBmHN0

     ∧∧
    (,,゚ー゚)<そりゃあ楽しみさ。なんたって、年に一度の――特大プリンの日だ
  ~(___ノ
              ∧∧    
             (゚Д゚ .)<ははは……
            ⊂しーJ⊃

889 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 02:22:22.11 ID:gTWkBmHN0

土曜日は、サクラが来た日だ。
しゃべりだした年からなぜか巨大プリンの日になってしまったが、まあそういう日なのだ。
だから今年もそうあるのだろうとサクラも楽しみにしているわけで……裏切るようで心が痛いのだが。

 


891 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 02:23:48.97 ID:gTWkBmHN0

それでもいわないわけにはいかない。
何、ちょっと始めるのが遅くなるだけだ。大したことじゃあない。そうだとも。
「あのさ、サクラ――」

 

892 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 02:24:13.64 ID:gTWkBmHN0

     ∧∧
    (,,゚ー゚)<どうした、主人?
  ~(___ノ
              ∧∧    
             (゚Д゚ .)<土曜、帰りが遅くなりそうなんだ
            ⊂しーJ⊃

 

893 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 02:24:55.40 ID:gTWkBmHN0

     ∧∧
    (,,゚ー゚)<……そうか
  ~(___ノ
              ∧∧    
             (゚Д゚ .)<ああでも、あんま酒呑まないで帰ってくるから。帰ってきてからぱーっとやろうぜ。ぱーっと
            ⊂しーJ⊃

 

894 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 02:25:29.60 ID:gTWkBmHN0

     ∧∧
    (,,゚ー゚)<そう、だな。うん。よし、遅れた分を取り戻せる巨大なプリンを用意しておくんだぞ?
  ~(___ノ
              ∧∧    
             (゚Д゚ .)<アイアイ、マム!
            ⊂しーJ⊃

 

896 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 02:26:42.78 ID:gTWkBmHN0

ほっとした。
明らかに声が暗くなったときにはどうしようかと思ったけれど、サクラはそれほど気にしないでくれたようだ。

 

897 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 02:26:55.65 ID:gTWkBmHN0

     ∧∧
    (,,゚ー゚)<ああ、そうだ――
  ~(___ノ
              ∧∧    
             (゚Д゚ .)<ん?
            ⊂しーJ⊃

 

898 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 02:27:22.21 ID:gTWkBmHN0

     ∧∧
    (,,゚ー゚)<ただ特大プリンを出させるのでは芸がないな
  ~(___ノ
              ∧∧    
             (゚Д゚ .)<……というと?
            ⊂しーJ⊃

 

899 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 02:27:43.48 ID:gTWkBmHN0

     ∧∧
    (,,゚ー゚)<私からもすごいプレゼントを用意しよう
  ~(___ノ
              ∧∧    
             (゚Д゚ .)<ほう
            ⊂しーJ⊃

 

900 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 02:28:07.61 ID:gTWkBmHN0

     ∧∧
    (,,゚ー゚)<ふふふ、きっと驚くぞ。主人
  ~(___ノ
              ∧∧    
             (゚Д゚ .)<ほー、そいつぁ楽しみだ
            ⊂しーJ⊃

 

901 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 02:28:31.32 ID:gTWkBmHN0

     ∧∧
    (,,゚ー゚)<でも、その代わり約束だ
  ~(___ノ
              ∧∧    
             (゚Д゚ .)<何?
            ⊂しーJ⊃

 

902 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 02:28:56.94 ID:gTWkBmHN0

     ∧∧
    (,,゚ー゚)<ちゃんと土曜日中には帰って来てくれ
  ~(___ノ
              ∧∧    
             (゚Д゚ .)<へーい
            ⊂しーJ⊃

 

903 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/15(木) 02:29:58.99 ID:gTWkBmHN0

土曜日中か、ずいぶんと俺も安く見積もられたもんだ。
さっさと切り上げて、夕方には家に戻ってびっくりさせてやるわ。

夜は、ゆっくりと更けた。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10月 2019年11月 12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
プロフィール
HN:
みみとミミ
性別:
非公開
職業:
ライトノベル作家
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]