忍者ブログ
講談社やら集英社やらのライトノベル作家みみとミミの物書きブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 VRMMOが実現できてしまった。
 これは由々しき自体である。

 脳から体への神経伝達を読み取るシステムを徐々に向上させて行ったら、いつの間にかヴァーチャル世界に意識を直結することに成功してしまったのだ。
 天才が現れて謎技術を作り出してどうこうという話ではなく、至極まっとうに、ちょっとずつ、だが恐ろしいスピードで進歩させていったらできてしまったのだ。
 思い返せば、2011年に網膜にチップを貼り付け、電子的な方法で視覚を回復させる臨床実験が成功したというニュースが報じられたときから嫌な予感はしていた。ああ、どうして俺はあのとき会社を辞めなかったのだろうか。

 そうして、いよいよVR技術が一般に広く公開されると、ロマン『だけ』を理解している阿呆な経営陣は命じてきた。
「VRMMORPGを作れ!」
 勘弁してください。
 マジ勘弁してください。
「今までにない全体感型で、すべてのものがまるで実物のようなリアリティを持ったゲーム! これが我々の目指すものだ!」
 やめてください。
 目指すならひとりで目指してください。
「予算は大量に用意した。10億円だ。これなら足りるだろう!」
 足りません。
 全然足りません。

 そもそも、3Dゲームの時代でさえ作業量が死ぬほど多くて、それでもあそこまでだったのだ。
 何をどう間違えたらVR世界で現実と見まごうようなクオリティを確保できるというのか。
 VR技術自体は進んでいるが、我々ゲーム屋のスペックは変化していないのに。

 しかたがないので、人海戦術に移る。
 下請け孫請けにじゃんじゃん発注。
 予算は増えないので、低予算でもどうにかするよう強圧的に行く。


 結果。
 孫請けのひとりあたりの時給は100円を切ったらしい。
 あと、孫請けプログラマが鬼気迫る様子で何か用意していたようだけれども、俺にそれをとがめる権利はない。
 βテストが始まる前に、さっさと辞職しておくつもりだ。

PR

 いかにも『仙人してます!』って雰囲気の白ヒゲじいさんに「虫になるか幼女になるか、どっちがいい?」と聞かれました。
 どっちもお断りすると、このまま消滅できるらしい。やったね、わかりやすい脅しだ!

 そもそも、僕は某『死んじゃうノート』よろしく不自然なタイミングで唐突に意識を失った。というか、多分死んだ。
 もしかしてこれはありがちな神様側の過失による転生の話ではと思「ゲジゲジが好みか。わかった」待って済みませんごめんなさい許して。

「では、幼女に転生するということで構わんな?」
 はい! ぼく、ようじょだいすき!
 生き残るためならば、僕はいくらでも卑屈になれます。死んでるけど。

「ふむ……それなら、少しサービスをしてやろうか?」

 おっと?
「おぬしは幼女大好きなのだろう?」
 虫とは比べ物になりません。
「ワシと趣味が合うようだし、ちょうどいい特殊能力を授けてやろうと思ってな」
 ははぁ、チートというやつですね。うれしいです。好ましいです。
「では、往くぞ」
 よろしくお願いします。

 

 こうして、僕はチート転生幼女になった。

「こ、今年も一ミリも伸びてない……そういう意味か、あのじいさん!」

 じいさんは、幼女大好き。

として、なにやら投下。
もう何本か書こうかな?

 夢に小役人然とした中年男性が現れて「あなた様を勇者として召喚してもよろしいですか?」と聞いてきたので「あいまいな勧誘はやめてください」と答えた。

 翌日、夢に小役人の上司っぽい中年男性が現れて「我が王国の危機なのです。助けてくださいますよね?」と聞いてきたので「感情論が聞きたいのではなく、条件が何ひとつわからない話にハイと答えるのは無理です」と突っぱねた。

 さらに翌日、そのまた上司らしき中間管理職風の中年男性が現れて「勇者様は、我が王国の敵である魔王軍を倒すべく戦ってもらいたいのです。お願いできますか?」と聞いてきたので「規模も状況もわからず決断することは不可能です」と返答した。

 また翌日、そのさらに上司のような中年男性が現れて「敵勢は卑しき魔王が率いる下劣な魔族およそ二十万。畜生にも劣る知性しか持たぬのに、我らに歯向かう外道だ。倒してくれるだろうな?」と聞いてきたので「相手の数しかわからないのではダメです。どういう装備また人類との違いがあるのならばその戦闘方法やそれによる効果。それさえ告げられぬとあらば、お話になりません」とお断りした。

 翌朝、同じ中年男性が現れて「いいから、貴様は我が王国のために身を粉にして働けばよいのだ!」と感情論丸出しでやってきたので「このお話はなかったということで……」と打ち切った。

 その日の昼、その上司らしき初老の男性が現れて「部下の非をわびるので、どうか交渉を続けさせてほしい」と懇願してきたので「とりあえず、日中はやめてください。寝てしまうといろいろと問題が起きます」と回答した。

 夜、同じ初老の男性が現れて「魔族は我々と同じ体躯に神に仇なした証拠である浅黒い肌を持っている。しかし、特段優れた能力もなく、良質な武具を作る技術もなく、大した相手ではない。数だけが頼りのろくでなしである」と告げてきたので「人種の問題なら、戦いに至る経緯があると思います。おおかた奴隷として扱ってきたものたちが反乱を起こしただけでしょう。となれば、双方の主義主張も知らぬままこれに応ずることはできません」と返した。

 翌日、冠を被った男性が現れて「人種がなんだというのだ。朕の神に認められし王国に歯向かうものなど生かしておいてよいはずがない。勇者よ、往け! やつらを殺すのだ!」と命じてきたので「交渉のできない人を窓口に立たせないでください」と切り捨てた。

 その翌日、同じ冠男が現れて「勇者よ。早く起つのだ! もう、魔族どもは朕の王宮の近くまでやってきている。これ以上は待てぬ。これ以上待たせるというのなら、褒賞を切り下げるぞ!」と脅してきたので「では、交渉決裂ということで」と遮断した。

 最初の夢から一週間、冠男が現れて「勇者よ。頼む。どうか、朕のいうことを聞いてくれ。報酬は望みのまま出そう。なんだってくれてやる。朕の宰相にだってしてやろう。だから、魔族どもを蹴散らしてくれ。お願いだ」と懇願してきたので「すでに交渉は決裂しています」と放置した。

 翌日、浅黒い肌の青年が現れて「勇者よ。ありがとう。我々は自由を手にすることができた。すべてはあなたのおかげだ。何か望みがあれば全力で応えるから教えてほしい」と感謝を述べてきたので「明日からは静かに寝せてほしい」とお願いした。

というわけで、みみかきが10万hitになりました。

カウンタ設置が遅かったので、実際にはもうちょっと多いのかもしれませんが何はともあれ10万です。
たくさん閲覧していただき、ありがとうございます。

ううむ。記念に何か書こうかしら。
何かリクエストなどあれば、できるかどうかはさておきお聞かせいただけるとうれしいです。
http://dash.shueisha.co.jp/schedule/

というわけで、6月22日金曜日発売予定です。
『金色のツインテール』は「こんじきのついんてーる」と読みます。

南熊さんの妹が出てくるお話です。
2巻目を書くのは初めてなのでいろいろハラハラしましたが、なんとか3ヶ月で出せそうでほっとしています。

原稿遅くてご迷惑おかけしましたorz
――と言われてもわからない人が大半だと思うので、少々ご説明を。

『大阪屋』さんは、業界第三位の売り上げを誇る大手出版取次です。
出版取次とは、平たくいうと「出版社が作った本を全国の書店に届ける中継ぎをする流通業者さん」のことです。

さて、この『大阪屋』さんは、業界大手でありながら書籍売上の上位500位までの週間ランキングを無料で公開しています。
今回、『魔王な使い魔と魔法少女な』はこのランキングに滑り込むことができたわけです。

http://www.osakaya.co.jp/kensaku/kensaku3.asp?action=detail&ISBN=4086306735&ISBN13=978-4-08-630673-7&SKEY=0

478位。ギリギリですがランクインです。一安心。


さて、

いろいろとレビューも出揃ってきましたので、その中から気に入っていただけたと思しき記事を一部ご紹介したいと思います。
※リンク先の記事には一部ネタバレを含みます。

Teiresias様
http://teiresias.sblo.jp/article/54645748.html
『魔王な使い魔と魔法少女な』を――全力で買い支えよ!!
読み始めたら、本文一文目から完全に引き込まれました。

まいじゃー推進委員会!様
http://maijar.jp/?q=node/6090
赤枠オススメ
後半、物語に本格的なスイッチが入って以降の盛り上がりはお見事!

探本めんさが様
http://d.hatena.ne.jp/honokajimon/20120325
 (; ゚Д゚) ってなんじゃぁこりゃぁ!そういうレベルじゃねぇー!!?
とにかく私の常識から少しずつずらしてきます。というかどうしてそういう発想になるのか分かりません。な、なんか面白いモノ見つけたよー!?という感じです。うん、面白いというか面白いモノ見つけたぜ!がなんかしっくりくる。


直接はお礼を申せませんのでここで。
お読みいただいた皆様。レビューを書いてくださった方も評価してくださった方もあるいはただただお読みいただいた方も、皆様ありがとうございました。
お楽しみいただけたなら作者としてこれ以上はありません。


以降もがんばって書き続けますので、どうかよろしくお願いいたします。

ではでは。
寝る前に「重版かかれ重版かかれ」とつぶやけばそのことを夢に見るのだという。
やってみた。
「重版かかれ重版かかれ」とつぶやいている夢を見た。ちゃうねん。


ミミさんは今日も平常運転です。
それは、ミミさんが友人に贈った『ままま』のサイン本でした。

ミミ「お世話になったsさんに、本を贈りたいのですがー」
s「どうせならサインくれ」
ミミ「いいよー。どこに書くー?」
s「表紙、裏表紙、表紙の裏、裏表紙の裏」
ミミ「四箇所!?」

まあ、妙にサインしてある箇所の多いサイン本でしたが。

ともあれ、無事に『ままま』は発売され、サイン本もsさんに届いたわけです。


さて、

そのsさんですが、妙にイベント遭遇率が高い。
主人公補正がかかってる疑いがあるレベルでいろんなことに遭遇します。
スーツアクター(要するに、ヒーローショーの中の人)をやっているときに、子供をかばって骨折をするくらい楽勝です。っていうか、骨折回数が二桁ってなんですか。箇所じゃなくて回数て。

と、そんなsさんですから、当然のように遭遇してくれました。

S県にて、電車に乗っていたsさん。

男子「それ、SDの新刊ですよね?」
s「あ、うん、そうだけど」
男子「サイン本ですよね、それどこで売ってたんですか?」
s「えと、サイン本は秋葉原とかの書店とかに多分……」
男子「ん……? え!? それ名前入りですか? もしかして」
s「あ、ゴメン僕ここで降りるから」

(sさん、すり抜けて下車)

男子「作者さんですかぁー!?(ドップラー効果」


うん。

とりあえず、作者は自分のサイン本を読まないと思うよ!


と、そんなサイン本のお話。

ゴテゴテした四箇所サインではなく普通のサイン本が、秋葉原のK-BOOKSさん、メロンブックスさん、アニメイトさん他※1で売られているそうです※2。

ではでは。


※1:順不同、先日色紙を置かせていただいた店舗様を例としてあげました
※2:なくなり次第終了とのことなので、在庫状況によっては手に入らない場合もございます
更新直前で間違って全部消しちゃいました、ミミです。こんにちはorz

さて、発売から一日。段々配本が進んできたようです。
週明けには全国どこでも並んでいるのでしょうか?


アキバBlogさんで紹介されました。
http://blog.livedoor.jp/geek/archives/51329479.html

ほ、本当に店員さんが書いていいって言ったんですよ!?

五つ星でも七つ星でも与えたいくらいツボにはまった
結構分厚いが割りとサクサク読める


記事から転載。
じわじわと増えてきているようで、うれしい限りです。
ついったーでも暖かい感想をいただいております、本当にありがとうございます。
少しでも楽しんでいただけたなら作者としてこれ以上はありません。


……なんだか、ゆーとーせい的な感じにまとまってしまいました。
これではまずい、汚名挽回(誤用だけど誤用じゃない)をしなければ!

ええとええと……て、てんじょうたわーなんてよゆうだしーみたいなー?


うん。無理。

どうぞよろしくお願いいたします。ではでは。


追記。
えーと、書店様への挨拶やサイン色紙を置いていくことが主目的ではなく、サイン本が置いてある様子を撮影することを主目的としていました。
なので、

ミミ「すみません、中の人ですけれど撮影してもいいですか?」
店員さん「おk。ついでに一筆置いてく?」
ミミ「ぜひぜひ。せっかくなので、何かコメント書きましょうか?」
店員さん「じゃあ、これこれこういうのってどう?」
ミミ「らじゃー」

な感じだったり。
(実際、『天井タワー』という名称をそのときまで知りませんでした)
K-BOOKS様、メロンブックス様、アニメイト様それぞれで店舗ごとに違いが出ていて面白いのではないでしょうか?

あいにくと事前情報をすべて掴んでいたわけではなく、K-BOOKS秋葉原店様の情報のみで秋葉原へ向かったので「サイン本があるけれども色紙がない!」というお店も生まれています。
意図的に不平等を生み出そうとしたわけではないのですが、失礼いたしました。
カレンダー
03月 2017年04月 05月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新トラックバック
プロフィール
HN:
みみとミミ
性別:
非公開
職業:
ライトノベル作家
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]