忍者ブログ
講談社やら集英社やらのライトノベル作家みみとミミの物書きブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

他人の悲劇は、いつもうんざりするほど月並みだ。

――ワイルド


小銭が十円足りなくてお札を崩すのは、なんとなくイヤ。

――ミミ


メルマガっぽいもの登録受付中。
詳しくは
七日の日記を参照です。
掲示板

毎回冒頭にあって邪魔くさいコイツですが、一応意味があったり。
携帯でアクセスしたところ、リンクへ直接つながらなかったんです。
なので、同じような症状を抱えている方のために付けています。

……いやまあ、未来指定でひとつリンク用の記事を書いてもいいんですが。


さて、ズボンです。
ズボン。ご存知のとおり、両足を通して着る下裾着――服のひとつです。
ハカマもいいのですが、やはり日常着るならば着脱の容易なズボンを好む人が多いでしょう。
和服萌えに走りたいのは山々ですが、ここはひとまずとりおきます。

私の持つ、夏用のとあるズボンのことです。
薄手の黒で、風通しがよく、またサイズもよく合っているズボンです。
外出用ではないのをいいことに何年も何年もはいているお気に入りの一着でした。

ある日、ふと気が付くと腰周りの太さを調整するひもが、片方だけ飛び出ていました。
何かの拍子に引っ張ってしまい、もう片方がズボンの中に引っ込んでしまったのでしょう。
探ってみるとずいぶん遠くにひもの先端を発見。もうほとんど逆の腋下まで回っていました。

めんどうくさいな、と思いつつも三十分ほどかけて腰を一周してひもをたどり着かせ

「えいやっ!」

とばかりに引き抜きました。


「……あれ? 長い」


長い。
長いのです。
どう見てもやたらめったら長いのです。
前に垂れ下がるひもはびろーんと両方とも垂れてしまったのです。

「あ、腰に回ってないひもを腰一周させて出すつもりが、腰一周してたひもを解いて来ちゃったんだ!」

Ω
こうするつもりが

_
こうなったという事実!


さらに二十分ほどかけて、ようやく元通りになりました。


物事を行う前にはきちんと調査をした方がいい、というお話でした。


以下、コメントレス。

>>でも、ここでの一番ってなんだろう?
>
>簡単よ。
>ミミの一番の読者になりたい。
>ミミの一番の役に立ちたい。
>ミミの一番の脇役も良い。
>ミミの一番の兄になるのもありかも。
>ミミの一番の妹になれるならそれも良い。
>ミミの一番のおねーさまになってみるのも一興
>
>えーと、えーと・・・あといろいろ エヘ
(7/20コメント)

>一番を決めるのは自分じゃないんだ。
>
>ただ、一番になろうとして努力するのはすごいと思う。
>
>ただ、あからさまに一番一番と喚くだけなら単なる子どものワガママだ。
>
>みみタソの懐の広さに期待。
(7/20コメント)

さてさて。
私は博愛主義者じゃあありません。
誰も彼も平等に接したり、愛したりなんてとてもじゃないですができません。
そういうことができる。あるいは、そうありたいと願うことを貶める気はありません。
そのこと自体はきっとそのひとにとって大事なことなのでしょうし、私の態度よりもよほど『我々が本当に守るべき何か』に近い答えなのかもしれません。

私は『身内びいき』をする人間です。
ただただ無言で読んでくれるひとと、「詰まらなかった」といってくれるひと「ここはこうするともっとよくなるよ」と教えてくれるひと「おもしろかった」と喜んでくれるひとを、同じには扱えません。
喜んでもらえることは書き手としての一番の報酬です。

だから、「一番の読者になりたい」といってくれたオクタさんにも「ありがとうございます」と言いたいですし、
「あまり押し付けるようなことをいって、困らせちゃいけないよ」といってくれたもうおひとかたにも「ありがとうございます」と言いたいです。


ま、ほどほどにねw

※ミミはかなり恥ずかしいことを言いました。記憶から削除してください。わすれろーわすれろーうにょ~ん。

>ミミ「歯磨き粉から青いの出ないー、歯磨きやだー」
>さすがメイド巫女ミミーだな
>(`・ω・´)
(7/20コメント)

残念、青だけ出るんだ。
白が出ない。

>全てのコメントは私が忙しさの合間を縫って書いている、そう、くびれを作りながら
>―ビネ
(7/20コメント)

あんたは心理学をやっとれw

※ビネ:フランスの心理学者。知能検査の基礎を作ったひとのひとり。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
紐…私のショーパンの紐も先日そーなりました
頭にきて引き抜いてくれた。その後放置。
何故かそれを家族が履き始めた
ズリ落ちてくるのを不似合いなベルトで締めたり、手で引っ張りあげながら…
結局、ゴム通しの穴をこさえるところから裁縫するハメになりまんたw
結論:短気は損気
忘れられないよーに名乗る蓮葉 2008/07/21(Mon)02:15:15 編集
無題
ミミ「白いのが、白いのが出ないのぉ!!」
ですね、わかります。
最近確実にまわりの人間に影響されてエロスの抵抗心のハードルが下がりまくっている自分がいる。
シ○○ツ 2008/07/21(Mon)12:38:51 編集
無題
いやむしろ
ちゅーぶ「らめぇぇ!やめてぇぇぇ!!もうでない、しろいのでないのぉぉぉぉ!!ボクもうこわれひゃうよぉぉぉぉぉ!!!!」
とかのほうがドSなミミーがショタっ子を虐めてる感じで良いような

何言ってんだろ俺
2008/07/21(Mon)22:55:15 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04月 2018年05月 06月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新トラックバック
プロフィール
HN:
みみとミミ
性別:
非公開
職業:
ライトノベル作家
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]