忍者ブログ
講談社やら集英社やらのライトノベル作家みみとミミの物書きブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

夢は逃げない、逃げるのはいつも自分だ。

――高橋歩


メルマガっぽいもの登録受付中。
詳しくは七日の日記を参照です。


伏線ぺたぺた。
ちょっと早かったかな、とも思ったのですが、まあ気にせずに進行。
おかげでギャグ分が不足しています『姫と奴隷商人と』。
次回からは何事もなかったかのようにのんべんだらりとする姫をお送りいたします。


はてさて、ここのところ日記でも面白い話が少なかったので、ちょっと面白い話を、と思い――

国連についてでもふれておこうかと思います。


おk、政治嫌いのみんなが引いた音が聞こえた。
ブックマークからばしばし外れていくのがわかる。
だが、それがいい(何

さて、国連です。
日本で国連というと、国際連合とその前身である国際連盟の二種類が思いつくかと思います。
ここでは、現在も活発に活動している国際連合についてどうでもいいお話を少し。

国連。
もう、加盟するのが当たり前みたいにがんがん加盟国が増えている国際組織ですが、日本はいまだに常任理事国になれていません。
その常任理事国。
これは五ヶ国あり、アメリカ・イギリス・ロシア・フランス・中国がそれに当たります。

……この五ヶ国、どこかで見たことがありませんか?

わかるひとはわかるのですが、第二次世界大戦での連合国側の主要五ヶ国がまるまる(中国は中華民国、ロシアは旧ソ連を経ている)入っています。

おや? 『連合』国。

英語で見ると明らかで、国際連合も連合国も『United Nations』です。

なぜかというと、答えは簡単。
国際連合は連合国の続きだからです。

事実、国際連合憲章には旧敵国条項(国際連合憲章第107条)及び強制行動条項(第53条第1項後段但書)が存在していて、第二次世界大戦時の連合国と戦った枢軸国側(日本・ドイツ・イタリア・ルーマニア・ブルガリア・ハンガリー・フィンランド)が『敵国』としていまだに削除されることなく記されています

その割りに、負担金はというと日本が約20%、ドイツが約10%で、以下のフランスの約6%を大きく引き離していたりします。
ついでに、アメリカは数億ドルの滞納があったりとなかなかなgdgdっぷりも。



世界平和って、大事ですね♪


※注
お金で平和が買えるものじゃないといいます。ごもっともです。
ここで示した情報は、ほんの一部を抽出したに過ぎません。
なので、ミミ本人は「国連はダメだ!」という思想の持ち主ではないことを追記しておきます。



以下、コメントレス。


>ミミさんと個人的にお友達になりたいという厚かましい願いは叶わない夢なのでしょうか? (7/10コメント)

後悔することになるぞ~(オイ

MSNメッセンジャーは開いていますので、「どうしてもミミっていうボケナスと話してみたいZE!」っていう方はアドレスを放り投げてみてください。稀に反応します。


追記。
んー、日にちを決めてチャットでもやってみるべきなのだろうか?
閑古鳥が鳴きそうで怖くて手がつけられないんだが。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09月 2019年10月 11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新トラックバック
プロフィール
HN:
みみとミミ
性別:
非公開
職業:
ライトノベル作家
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]