忍者ブログ
講談社やら集英社やらのライトノベル作家みみとミミの物書きブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

青空は高く、雲は遠い。太陽ばかりが近くなったように暑い暑い夏が来ていた。

――『幽霊のいる生活』、かなた


『台風一過』って、絶対『台風一家』を頭に思い浮かべるよね。

――ミミ


名言じゃありません。

たまにはこういうのもいいかな、と思い、未公開のあるENDから気に入ってる一行を引っ張ってきました。

こう、無駄にさわやかそうに見せかけて意味不明な文章っていいよね!(何
でもまあ、もうちょっとわかりやすく書けって思う人も居るかもしれない。
そこで、みみかきではせっかくなのでわかりやすくしてみることにしました。


かな坊「青空は高く、雲は遠い。太陽ばかりが近くなったように暑い暑い夏が来ていた」

意訳「暑くなってきたなぁ」



画期的!
これでラノベちっくな文章表現や詩的な文章表現、あと無意味に技巧に走る文章表現も一網打尽!

ようし、この調子でがんがんいってみよー!

絶壁妹「おにぃにはわからないよ! 貧しい胸部に悩める女の子の気持ちなんて!」

意訳「暑くなってきたなぁ」


どんどんいってみよー。

犬娘「犬じゃないんですー!」

意訳「暑くなってきたなぁ」


あまりのわかりやすさに思わず携帯電話を殴打(非破壊検査


話は戻りますが、ラノベちっくなあるいは詩的な文章の水増し――もとい表現、私はわりかし好きだったりします。
というか、文章量に厚みを持たせる(文章に厚みをもたせる、ではない)ことは結構重要で、私は地の文のそういう使い方が下手だという自覚があるのでむににににって感じです。
VIPでセリフ中心のSSやったり、ゲームでADVシナリオを書いていたりするとあまり目に付きませんが、やはりそういう文章の技法というものをきちんと抑えておくことが大事だなぁ、と最近になって改めて思いました。

べ、別に紙で小説書いてみたりなんかしてないんだからねッ///ってお話でした。

いやホントに。


以下、コメントレス拍手抜きー。

>3万上回るようなら、買うほうがいいよ。
>デスクトップならフツーにあるし。
(9/11コメント)

デスクトップは置き場所に困るんです……。
うーん、あっちを立てたらこっちが立たず。

>よし、この合間にバイトですよw
>
>冗談さておき姫読みたいです
>ヽ(*´∀`*)ノ
(9/14コメント)

姫の性格を忘れてきつつある私が居る!

まずいなー、設定埋まっててもキャラを忘れたら書けなくなる……未完が増えるー。


追記。
山井さんの誕生日前にもできるだけ更新できるようがんばるー。

さらに追記。
こういう、作中から文章拾ってくるってのはどうなんでしょう?
賛否いただけるとあれこれ考えますー。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
拾ってきたことがわかってニヤリとできるなら楽しいんじゃないかなー

そんでもって初読の人にも無理ない引用。

こんな感じで捉えたけど違ってたらごめんなさいw
NONAME 2008/09/20(Sat)21:45:06 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10月 2019年11月 12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
プロフィール
HN:
みみとミミ
性別:
非公開
職業:
ライトノベル作家
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]