忍者ブログ
講談社やら集英社やらのライトノベル作家みみとミミの物書きブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 異世界に召喚された。なんという開放感だろうか。

 何事かと訊ねれば、彼らは魔物によって苦しめられているのだという。
 人類に害なす不可思議な生き物、魔物。それは、ありとあらゆるもの――人間すらもを食らい尽くしあとには何も残さない、まさしく理解の外にあるバケモノだった。
 このままであれば、遠からぬうちに人類は食らい尽くされてしまう。

「そんなことを許すわけにはいかない!」

 俺は立ち上がった。
 俺が最後の希望だという王。無理難題を押し付けたことを泣いてわびる王女。期待と申し訳なさを顔に貼り付けた市民。
 だが、俺はそんなへなへなになって、つぶれた顔なんて見たくもない。

「気にしなくていい。これは俺がやりたいからやることだ!」

 俺は心のうちにあるままを叫び、魔物を倒すための旅に出た。
 使い慣れぬ魔法にはてこずったが、刃物の扱いは慣れたもの。魚をさばくようにすれば魔物が相手でも楽に倒せることを学んだ。

「――あたしはあんたに背中を預けたんだ。返してもらうなら利息をもらわにゃやってられんよ」

 最初に仲間になったのは、女ながら傭兵として名の知れた人物だった。
 魔物の討伐では、運悪く取り残され、たった二人で掃討戦を潜り抜けた。

「――まったくいやですわ。脳筋は品がないと思いませんこと? 勇者様」

 次に仲間になったのは、魔法学者を名乗る妖艶な美女だった。
 魔力が尽きて魔物に襲われそうになっていたところを、俺が通りかかったのだ。

「――神は私たちの行いを常に見ておられます。ですから……ですから、勇者様にしだれかかるのをよしなさい!」

 最後に仲間になったのは、見習い僧侶だった。
 俺たちの戦いぶりを聞きつけて、はせ参じたのだという女偉丈夫だ。

「すべては魔王が現れたためだったのか」

 数々の困難を潜り抜け、見つけ出した真実。
 諸悪の根源は魔王と呼ばれる魔物の親玉だった。

 更なる苦境の連続。
 しかし、俺はあきらめなかった。
 そして、魔王はついに倒された。
 誰も彼もが俺を褒め称えた。
 凱旋すれば、人々には笑顔が戻っていた。

「よくぞ帰って参った、勇者よ。望みのものがあれば何なりと言うがいい。用意しようではないか」

 王は上機嫌に俺を出迎えた。
 そんな顔をされると俺もうれしくなる。

「いいえ、王よ。俺はやりたいことをやっただけです。何かをもらおうなどとは思いません」

 そうだとも。

 

 ――その笑顔を俺の手でぶち壊すから面白いというのに。


「刑の執行前に召喚してくださって、本当にありがとうございました」

 俺は、使い慣れた刃物を手に、ゆっくりと玉座へ歩みだした……。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
お題消化ありがとー。面白かったけど、もっと爽やかなのを期待してたorz
ぱる 2012/05/21(Mon)08:37:10 編集
カレンダー
09月 2017年10月 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新トラックバック
プロフィール
HN:
みみとミミ
性別:
非公開
職業:
ライトノベル作家
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]