忍者ブログ
講談社やら集英社やらのライトノベル作家みみとミミの物書きブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

世界を恐れるな。ただ自己を恐れよ。

――杉浦重蔵 

なぜか、周期的にオレンジジュースにハマる。
理由はまったくわからない。もしかしたら五十光年ほど離れた星からのメッセージを受け取ってしまい、それが私のオレンジジュース中枢に働きかけてオレンジジュースを求めさせるのかもしれないが現在のところ真偽のほどは定かではない。
とにもかくにもその時期に入ると、私の飲み物はオレンジジュース一色に染まるのだ。
朝起きてオレンジジュース、昼休みにオレンジジュース、夕方帰宅してオレンジジュース、夜食卓にオレンジジュースとオレンジジュース三昧。ビバ・オレンジジュース。
さて、話は変わるが私はめんどくさがりとして内外に有名だったりする。
これほどまでにせかせか動き回る私を指してとはまったく心外なのだがわざわざその認識を訂正しに行くつもりもない。めんどくさいし。
そんな私がふと気が付いた。
「一杯のオレンジジュースのためだけにコップを出すのはどうなのだろうか?」
オレンジジュースを飲む過程は意外と長い。
戸棚を開け、コップを取り出し、コップをテーブルに置き、冷蔵庫を開け、オレンジジュースを取り出し、冷蔵庫を閉め、コップにオレンジジュースを注ぎ、冷蔵庫を開け、オレンジジュースをしまい、冷蔵庫を閉じて、ようやくだ。
さらに飲み終わればコップを台所で洗い、乾かして、戸棚にしまわねばならない。
とてもめんどうだ。
だが、コップの手間を省略すればどうだ。冷蔵庫を開け、オレンジジュースを出して飲んでしまい、冷蔵庫を閉じる。おお、なんと経済的な。
よし、飲み口に唇をつけないようにしてそのままで飲んでみがぼぼぼぼぐぼぇ

教訓。
鼻から飲むと、オレンジジュースはおいしくない。

今日は、名言の通り「自分ってこえー」というお話でした。


>もしかして俺の顔の両脇に付いてるミミもうわなにをするやめっ・・・・・・  (6/1コメント)

耳「それは残像だ」

>下手なデッサン人形よりガンプラのほうが可動する件について (6/1拍手)

ガンプラって稼動するの!?
しらんかった……稼動する人形ってGIジョーとイチローの首振り人形だけかと思ってた……。
余談ですが、先日壊れたデッサン人形君はひじとひざの関節が三十度くらいしか曲がりませんでした。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
デッサン人形を持ってるってことは絵が描けるのかい?
よければうp

追記
web拍手拝見した
君のネコミミフェチっぷりをしかと見届けた
上手いな
NONAME 2008/06/02(Mon)20:44:28 編集
無題
長いストローを使えば万事解決とか言ってみる
NONAME 2008/06/03(Tue)23:15:57 編集
無題
愛媛では蛇口からみかんジュースがな…
NONAME 2008/06/06(Fri)00:31:07 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08月 2018年09月 10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新トラックバック
プロフィール
HN:
みみとミミ
性別:
非公開
職業:
ライトノベル作家
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]