忍者ブログ
講談社やら集英社やらのライトノベル作家みみとミミの物書きブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「オオカミが出たいぞー」
がたごと、とオリがゆれる。
中を見れば、頭に犬っぽいふさふさした耳をつけた幼女がひとり。
「オオカミ少女です」
何そのオオカミ少年っぽいの。あと、あなたは幼女です。それ以外の何者でもありません。
「いえ、こういう場面でそういう発言をしておけば『ああ、コイツはネタのためだけに作られた一発キャラなんだな』的な発想から逃がしてもらえそうだな、と」
で、なんでオリに入ってるんだ?
「うわぁ、華麗なるスルー。強いて言えば、内なる欲求がパトスを突き動かし、それに付帯する私の体もチーズの入ったオリに踏み込んでしまったというところでしょうか」
ネズミかい。
「オオカミ少女です」
幼女。
「まあそれはともかくとして、出たいので出してください」
ときに、幼女よ。
「はい?」
ここはどこかわかるかい?
「山ですね」
付け加えていうならば、季節は秋。山菜の実りもよくコゴミとかマツタケとかマツタケとかマツタケとかが採れることでも知られている。
「……えーと」
もうひとつ付け加えて質問をしよう。俺の格好、どう思う?
「迷彩」
そういうわけなんで物音を立てそうな幼女は連れて行けません。
「マツタケドロボーが出たぞー!」
ああっ! オオカミ少女って名乗ったくせに本当のことを!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10月 2019年11月 12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
プロフィール
HN:
みみとミミ
性別:
非公開
職業:
ライトノベル作家
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]