忍者ブログ
講談社やら集英社やらのライトノベル作家みみとミミの物書きブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

P「よし」
P「なんかやろうなんか」
P「なにしよう」
P「基本的にぼっちだから一人でも出来る奴」

ミミ「ひとりじゃんけん」
P「よっしゃあ!左手が勝った!!!」
ミミ「ずっと左が勝つように右手をぐーちょきぱーでぐるぐる変えていくという脳のトレーニングがありまして」
P「案外難しいwww」
ミミ「慣れると秒間2,3回くらいでできるようになるんですが、これがなかなか難しいw」
P「このトレーニングが科学的に否定されたら訓練してた人凄くむなしくなりそう……」
ミミ「単純でちょっと難しい作業をやらせるのは案外脳にいいそうな。複雑ならいいかというとそうでもなかったり」
P「ちょっとやってみてるけど手の形が凄くいびつになったりとかして自分で笑える素敵仕様。
ミミ「そういうものです。そういうものです」
P「人には見せられない代物だわぁw」
ミミ「見られたら「これはこういうものなんだよ」って教えると伝染します「やっべー難しーwwwwww」ってみんなに移る」
P「今俺がミミさんにやられていることか……!」
ミミ「うん。伝染中」
P「ウイルスはここで食い止めねば……」
ミミ「なぁに、そのうち広まるさ」

P「ていうかお腹痛くなってきた」
ミミ「伝染中」
P「 割りと本格的なウイルスだったのか……(,' 3 ヽ)_」
ミミ「しばらくすると全身の粘膜がやられて出血。後に普通の皮膚からも出血が始まり全身かさぶただらけになりはがそうとする人がわらわら寄ってくるようになる」
P「人気を得る代わりに血を失う事になるのか……。代償とは大きい物よ……」
ミミ「人とはこうも愚かしい。だが、それゆえに愛らしいのだ」
P「この世界を守ってやらねば……」
ミミ「ククク……果たして貴様にそれができようか?」
P「やってやるさ……このかさぶたに掛けてなっ!」
ミミ「ぺりぺりぺりぺりぺりぺりぺりぺりぺりぺりぺりぺり」
P「ああああああ止めて止めて」
ミミ「人とはこうも愚かしい。だが、それゆえに愛らしいのだ(2回目」
P「この愚かしさ、許すに値せぬ……滅ぼしてやらねば……」
ミミ「ククク……果たして貴様にぺりぺりぺりぺりぺりぺり」
P「あああああああああ」

案外難しいのです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05月 2017年06月 07月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
プロフィール
HN:
みみとミミ
性別:
非公開
職業:
ライトノベル作家
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]